使用上の注意

dog

フロントラインプラスは犬と猫に対して使用出来る動物医薬品となっており、個人輸入代行という制度を利用することで購入可能です。その際の相場について説明をしていくと、代行業者の多くは1商品あたり数千円から5,000円前後で販売されています。通販と同じ感覚で注文及び購入が可能な制度であり、動物病院で処方される処方箋が必要ないことが特徴となります。厳密にいうと犬と猫用とに分類されていますが、フロントラインプラスの販売価格においてそれほど違いはないです。ただ購入時に間違えて注文しないように心がけることが、とても重要となっています。これが一般的な代行業者での販売価格となっており、高くても5000円前後に設定されています。

スポイトに薬が入っている動物医薬品フロントラインプラスの使用上における注意点として、飼い主の素肌に触れないようにすることです。犬や猫といったペットにフロントラインプラスを投与する際に、間違って飼い主の素肌に触れてしまうと炎症などが起こることがあります。動物用に開発された医薬品とはいえ、不必要に素肌に触れることで飼い主に悪影響が出てしまいます。また薬が付着してしまった場合には、すぐに清潔な水で洗い流すことが重要となります。そして薬が付いている手で目をこすってしまうと、そこからさらに炎症や病気が発生することもあります。なので万が一素肌や手などに薬が付いた時には、すぐにお水で洗い流すということを心掛ける必要があります。